FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔法のようなファルセット

この言葉はaxyzmoon2266さんが真理さんの歌声を、「魔法のようなファルセットの魅力」とヤフー知恵袋の中で表現したお言葉を、しんりさんが自身のブログで紹介して頂いたものです。
まさに言い得て妙なお言葉です。
私も「魔法のようなファルセットに取り憑かれた人」の一人で、真理さんの声に完全に虜になっています。

真理さんは音楽学校で声楽を学んでいます。そしてファルセットを習得しました。
それだけもすごいのですが、そこに天性の地声とファルセットが見事に調和し途轍もなく魅力的な響きを生み出したのです。
この声は誰も真似できないでしょう。技術的な事は習得できても、天性の声はどうすることもできませんからね。
「魔法のようなファルセット」とは正に真理さんのためにある言葉なのです。

真理さんの歌声は、とても澄んおり、心地よく温かく感じます。
何よりも聴く人の心を一瞬して捕らえてしまいます。
一例なのですが、映画「虹をわたって」の中の1シーンを観て頂きたいと思います。

(YouTubeはこちら) https://www.youtube.com/watch?v=Fc44az2S0Do

この映画に緒中で真理さんが『ママの子守歌』を歌う場面があります。
荒くれた男達の中で真理さんがギターを奏で歌います。
すると荒くれ者達が真理さんの歌に魅了されて、まるで子羊のように温和しく歌に聴き入ってしまい平和な空気が満ち溢れます。
というシーンです。

真理さんファンなら誰もがご存じの場面でしょうが、私が初めてYouTubeで観た時はとても衝撃でした。
聞いている自分がまるで子守歌を聴いている赤ん坊になった不思議な感じがします。そして心がとても暖かくなりました。
これは映画の1シーンですが、現実で同じ場面、否、もっと殺伐とした空気が流れるような場面だとしても、真理さんの子守歌が流れたならその場の誰もが真理さんの声に聞き入ってしまうでしょう。
恐らくこの世の男性で、この曲・声を聴いて無反応でいられる者はいないと思います。

真理さんより歌の上手な歌手は大勢いるでしょう。
その歌手が歌う子守歌はとても素晴らしいでしょうけれど、真理さんが歌うような暖かさや優しさは醸し出せないと思っています。
実際、これまで多くの歌手の声を聴いてきましたが真理さんほどの優しさ、暖かさを歌声から受け取った事はありません。
歌手は音感、リズム感、発声術等々多くの要素が必要でしょうけれど、声の質(声質)に勝るものはないと思います。

プレミアムボックスには真理さんが地声で歌う曲も収録されていますが、はっきり言って普通です。
それが、ファルセットと融合すると、とんでもなく素晴らしい声に変身します。
まさに「魔法のようなファルセット」なのです。
そしてそれに何人の人が魅了されてしまったと言うことです。

私は、真理さんの声を少しでも良い音で聴きたいがため、イヤホンを変えたり、ボリュームを調整したりと必死です。
できれば良いオーデオ機器が欲しいところですが、財源的に無理があるのでイヤホーンで聴いています・・・。

私は真理さんの曲を楽しむために聴いているというより、真理さんの声に癒やしを求めて聴いている、といった感じがぴったりです。
だから、私は真理さんの曲をほぼ毎日聴いていますが、飽きることはありません。
むしろもっと聞き続けていたいと思う日々です。
私は完全に「魔法のようなファルセットの魅力」に取り込まれてしまった様です。

実は真理さんは『白雪姫』ではなく『魔法を使う魔女』だったのかも知れません。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

真理さんの歌の心地良さ‼

パパ吉様へ

始めまして、mr.scanと申します。
とても素晴らしいコメントに読み入ってしまいました。
仰るように、真理さんの歌には聴いている人の心を和ませる力が有るようです。
明るくソフトなお声(発声)と綺麗に響く言葉(発音)そして、決してワザとらしくならない、押し付けがましくならない繊細な表現力。
正しく「ハートフル歌姫」だと思います。
この真理さんの歌の心地良さと素晴らしさは、レコードで聴くとさらに強く感じられます。
特に真理さんの「が行」の鼻濁音の美しさ、「い」の段のお声の鼻での共鳴の柔らかさ、また低い音域での胸の共鳴等は、CDでは解りにくいのですが、レコードですとハッキリと解り、真理さんの歌の心地良さを更に大きく感じられますので、パパ吉様も是非ともレコードでお聴き頂く事もお薦め致します。

それから、真理さんの発声や歌い方について、一般にはファルセットと言われていますが、私はもっと複雑な物だと思います。
イタリアのベルカント唱法をかなりソフトにした感じと、ドイツのリート唱法の繊細な表現法をミックスしたように感じます。
また、高音域への移行にはヨーデル的な雰囲気も感じます。

ハートフル歌姫 天地真理、当時はあまり理解と評価を得られなかったですが、実はかなり高度な歌唱テクニックを備えた、実力派の歌手であったと信じています。

ご訪問ありがとうございます。

mr.scan さんはレコードで、真理さんの歌を鑑賞しているのですね。
羨ましい限りです。

プレミアムボックスを買う前に神保町のレコードショップ(中古)を探しましたが、見つけることができませんでした。
若い頃にオーディオ機器を揃えることが流行したことがあり、自分も給料の前借りをしコンポを揃えたものでした。その機器で初めて聴いたのが、「ビバルディーの四季」とアルバム「水色の恋」でした。
何枚かの真理さんのアルバムを揃えましたが、結婚を機に全てを処分してしまった次第です。実にもったいない話です。

「レコードが劣化するのでなるべくテープに録音して聴こう」という習慣が身についているので、昔からレコード直には殆ど聴いていませんでした。
だから、真理さんのレコードを入手したとしても勿体なくて1回位しか針を下ろせない自分がいると思います。

真理さんの声に対する評価・表現方法に簡明いたしました。自分には単「魅力的な声」程度にしか表現できないところを、よくぞ確信を突いた言葉で表現してくれたと感謝申し上げます。

確かに自分も、真理さんの歌を聴いて心震える部分がありますが、それが「「が行」の鼻濁音の美しさ、「い」の段のお声の鼻での共鳴の柔らかさ」と指摘されるとその通りですね。
自分は加えて「あなたが教えてくれた歌」の「♪~わたしは今でも~♪」のモ音も好きです。

ファルセットのことは正直いって自分には理解できない部分です。
何度聴いても地声としか思えないからです。
勿論プレミアムボックスの中に地声の歌も含まれていますが、まだ信じられない自分がいます。お笑いください。

このHPにお言葉寄せていただきありがとうございました。
中々更新できずにいますが、たまにはご訪問ください。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。