FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔法のようなファルセット

この言葉はaxyzmoon2266さんが真理さんの歌声を、「魔法のようなファルセットの魅力」とヤフー知恵袋の中で表現したお言葉を、しんりさんが自身のブログで紹介して頂いたものです。
まさに言い得て妙なお言葉です。
私も「魔法のようなファルセットに取り憑かれた人」の一人で、真理さんの声に完全に虜になっています。

真理さんは音楽学校で声楽を学んでいます。そしてファルセットを習得しました。
それだけもすごいのですが、そこに天性の地声とファルセットが見事に調和し途轍もなく魅力的な響きを生み出したのです。
この声は誰も真似できないでしょう。技術的な事は習得できても、天性の声はどうすることもできませんからね。
「魔法のようなファルセット」とは正に真理さんのためにある言葉なのです。

真理さんの歌声は、とても澄んおり、心地よく温かく感じます。
何よりも聴く人の心を一瞬して捕らえてしまいます。
一例なのですが、映画「虹をわたって」の中の1シーンを観て頂きたいと思います。

(YouTubeはこちら) https://www.youtube.com/watch?v=Fc44az2S0Do

この映画に緒中で真理さんが『ママの子守歌』を歌う場面があります。
荒くれた男達の中で真理さんがギターを奏で歌います。
すると荒くれ者達が真理さんの歌に魅了されて、まるで子羊のように温和しく歌に聴き入ってしまい平和な空気が満ち溢れます。
というシーンです。

真理さんファンなら誰もがご存じの場面でしょうが、私が初めてYouTubeで観た時はとても衝撃でした。
聞いている自分がまるで子守歌を聴いている赤ん坊になった不思議な感じがします。そして心がとても暖かくなりました。
これは映画の1シーンですが、現実で同じ場面、否、もっと殺伐とした空気が流れるような場面だとしても、真理さんの子守歌が流れたならその場の誰もが真理さんの声に聞き入ってしまうでしょう。
恐らくこの世の男性で、この曲・声を聴いて無反応でいられる者はいないと思います。

真理さんより歌の上手な歌手は大勢いるでしょう。
その歌手が歌う子守歌はとても素晴らしいでしょうけれど、真理さんが歌うような暖かさや優しさは醸し出せないと思っています。
実際、これまで多くの歌手の声を聴いてきましたが真理さんほどの優しさ、暖かさを歌声から受け取った事はありません。
歌手は音感、リズム感、発声術等々多くの要素が必要でしょうけれど、声の質(声質)に勝るものはないと思います。

プレミアムボックスには真理さんが地声で歌う曲も収録されていますが、はっきり言って普通です。
それが、ファルセットと融合すると、とんでもなく素晴らしい声に変身します。
まさに「魔法のようなファルセット」なのです。
そしてそれに何人の人が魅了されてしまったと言うことです。

私は、真理さんの声を少しでも良い音で聴きたいがため、イヤホンを変えたり、ボリュームを調整したりと必死です。
できれば良いオーデオ機器が欲しいところですが、財源的に無理があるのでイヤホーンで聴いています・・・。

私は真理さんの曲を楽しむために聴いているというより、真理さんの声に癒やしを求めて聴いている、といった感じがぴったりです。
だから、私は真理さんの曲をほぼ毎日聴いていますが、飽きることはありません。
むしろもっと聞き続けていたいと思う日々です。
私は完全に「魔法のようなファルセットの魅力」に取り込まれてしまった様です。

実は真理さんは『白雪姫』ではなく『魔法を使う魔女』だったのかも知れません。

スポンサーサイト

沖縄にて

所用で沖縄(那覇)に行っていました。
今年の梅雨入りは遅いようで、多くの修学旅行生と外国人(中国)が街へ繰り出していました。

ご多分に漏れず当方も夜の繁華街に繰り出していました。
那覇の居酒屋さんのBGMは当然のごとく沖縄民謡(ライブも有り)なのですが、なぜか昭和時代の歌謡曲を流しているところが多かったです。
そういう処を選んで入店しますが,中々真理さんの曲はかかりません。
曲が流れるまでの間、雑談にも、お酒にも気はそぞろでひたすら待ち続けて(2時間ほど)ようやく『水色の恋』が1曲流れただけでした。
居酒屋の中を見渡しましたが流れくる真理さんの曲に真剣に耳を傾けていたのは自分だけだった様です。

日を改めて別の店にも顔を出しましたが、今度は泡盛に気を取られ聞き逃した様です。
都内の居酒屋で真理さんの曲が流れることは皆無に近い状況を考えるとBGMとして流れるだけ増しなのかも知れません。
テレビで『昭和の歌』と称した番組が放映されますが、それでも真理さんの曲は1曲流れればいい方ですからね。

当時はトップの座を走り続けた真理さんですが、いつしか芸能界の厳しさに打ち負かされてしまいました。
笑顔がステキでも、声が魅力的で歌がうまくても、生き続けられないのが芸能界です。
自称ファンでありながら、世の中の流れに従い真理さんの真のファンに成りきれなかったことも要員の一つでしょう。

今改めて「天地真理プレミアム・ボックス」を聞き直していますが、やはり当時から真理さんは笑顔がステキで、声が魅力的で、歌が上手かった。ということです。


※沖縄県立博物館に沖縄返還(1972)時代の展示物があります。
そこには「南沙織」さんのEPレコードが展示されていました。
当時、南沙織と天地真理どっちが好き?といったことが日常の話題なったのを覚えています。
(なぜか小柳るみ子は対象外だった)。
勿論、真理さんに軍配を上げる人が多数を占めていたのは言うまでもありません。
当時は真理さんとアイドルの座を競い合った仲だったのです。
ここは沖縄県ですので,県出身のアイドルが展示されるのは当然ですが、真理さんのレコードも展示して欲しかったです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。