FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天地真理プレミアムボックス

やっと、プレミアムボックス全曲を聴き終わりました。

ここまで時間を要したのは、次のDiscに移りたい気持より、今流れている曲にずっと浸っていたいとの気持ちの方が勝ってしまい、つい何度も何度もリピートさせられてしまったからです。

とりあえず軽く流して全曲試聴する予定だったのですが、不覚にも真理さんの歌声に魅了され、1曲1曲に没頭させらてしまいました。

誰でもそうなるとまでは言いませんが、つい聞き込まされてしまう魅力は真理さんならでのものでしょうね。

初期のアルバムは懐かしさのあまり、後期のアルバムは完成度の高さに、ミュージカルやライブ盤は真理さんの新たな魅力の発見にと、ただただ魅了させられてしまいました。

個別の話になりますが、
Disc9前半収録されている「アルバム:小さな人生」を最初に聞いた時はちょっとびっくりさせられました。
しゃがれた声の曲が多く、これまでの明るいイメージの曲とは大きく違うのです。
しかも声が、か細く、暖かさややさしさに欠け、決して良いイメージを持ちませんでした。
さらに全体的に心許なく聞こえていたので、いつもよりボリュームを上げて聞いてみました。

すると同でしょう。打って変わってて真理さんの声がスッキリ聞こえるではありませんか。
これはCDや録音が悪いのではなく、ましてや真理さんの声が悪かった訳ではなっかたのです。

そうです。老人には高音域が聞きづらいのです。(自分は10,000Kh以上は聞きづらい)
ボリュームを上げることにより、聞き難くかった高音域が聞こえるようになり、そしてそれに伴って中低音も豊かに聞こえる様になっり、真理さんの暖かさや優しい声が戻ってきたのです。
真理さんのやさしくて暖かい声の質はこの高音部に秘密があるのかも知れません。
ボリュームのちょっとした違いにより、曲の印象が大きく変わってしまったのです。

なんでも人間の耳は、単音の20,000kh以上の音を聞き取ることはできないらしいですが、楽器や声に倍音として超高音域が含まれる音と、含まれない音は老人でも明確に区分できるそうです。
しかも、超高音域が含まれている音は音色として絶品だとのことです。
そういえばハイゾレが100,000kh以上の音を再生するため音が良い、と聞いた話も頷けます。

一度、ボリュームを上げて感動させられた曲は、脳が覚えてしまったようで、ボリュームを下げてもそれほど気にならなくなります。
初めて聞いた曲なのに、頭にこびり付いてしまう事がありますが、これと同じなのかも知れません。

てな訳で、アルバム「小さな人生」は一番の「お気に入り」になりました。
解説書を読んでみたら、復帰に賭けて周りの人々が丹精込めて造られた作品だと知って更に好きになりました。

ボリュームを大きくすることは、このように良いこともあるのですが、同時に盛上時に音量が大きくなり音を潰してしまいます。
特にイヤホンは高級品と言え所詮イヤホン、使用できる音量の幅に限度を感じます。

だから今度はヘッドホンが欲しくなりました。
また小遣いを貯めなければいけません。

スポンサーサイト

天地真理 プレミアム・ボックスを買ったよ

やっと小遣いが貯まり念願のプレミアム・ボックス買うことができました。
リアルCDショップを何軒か探しましたが、残念なことに何処のCDショップにも真理さんのCDは全く置いていませんでした。
デビューから45年、プレミアボックス発売から10年を経過していますからね。

さっそくネット検索!!
おォ~、あるではないか。
早速、ポチッと購入申し込み。
ところが中々品は届かず,丸5日もかかってしまいました。
やはり在庫は少ないようです。

さて、無事に到着(金曜日)したプレミアボックスを早速開封。
ムウ、どれから聞いていいのか迷ってしまう。
迷いに迷い、結局、シングルA面が収まっているDisc2から視聴。

これはシングルA面を発売順に納めたもので、真理さんの曲歴を語る上での指標となるでしょう。
私の場合でいいますと、オリコン上位曲は覚えていますが、『愛のアルバム』以降は殆ど記憶がありません。
このあたりから,私は真理さんファンから遠ざかっていたようですね。

ほかに数枚聞きましたが、全てを聞き取るにはまだまだ時間がかかりそうです。

当時は財源の問題で全てのLPを買えなかったこともありますが、こんなに沢山の曲をリリースしていたことに改めて驚いています。
B面の曲はほとんど聴いたことのないものばかりでした。
真理さんの初期の頃は初恋もの、中期は失恋もの、後期はじっくり歌う大人の歌。うまく期分けされています。

後期大人の歌は真理さんの歌のすばらしさを十分過ぎるほど表現しているのですが、アイドル路線の継続を希望していたファンにはそぐわなかったかもしれません。
大人の歌は、真理さんが本当に歌いたかった曲だったのかどうかは判りませんが,自分にとっては大人路線への変更は良かったと思います。
大人の歌が好きなのは自分が年寄りになった証かもしれません。
でも、『愛のアルバム』『初めての涙』『ニコラ』なんて最高だと思っています。

追伸:
携帯プレーヤにCDを移植(MP3)しようとしたのですが、プレーヤに表示される曲名と流れる曲がマッチしていないのですね。
早速MP3リストの曲名を修正しつつあります。

本当であれば文句の一言でも言いたいところですが、真理さんの曲題名を一局、一局書き込むことも結構楽しいことでした。
こんな楽しみをおまけに付けてくれていたことを喜んでいます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。