スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔法のようなファルセット

この言葉はaxyzmoon2266さんが真理さんの歌声を、「魔法のようなファルセットの魅力」とヤフー知恵袋の中で表現したお言葉を、しんりさんが自身のブログで紹介して頂いたものです。
まさに言い得て妙なお言葉です。
私も「魔法のようなファルセットに取り憑かれた人」の一人で、真理さんの声に完全に虜になっています。

真理さんは音楽学校で声楽を学んでいます。そしてファルセットを習得しました。
それだけもすごいのですが、そこに天性の地声とファルセットが見事に調和し途轍もなく魅力的な響きを生み出したのです。
この声は誰も真似できないでしょう。技術的な事は習得できても、天性の声はどうすることもできませんからね。
「魔法のようなファルセット」とは正に真理さんのためにある言葉なのです。

真理さんの歌声は、とても澄んおり、心地よく温かく感じます。
何よりも聴く人の心を一瞬して捕らえてしまいます。
一例なのですが、映画「虹をわたって」の中の1シーンを観て頂きたいと思います。

(YouTubeはこちら) https://www.youtube.com/watch?v=Fc44az2S0Do

この映画に緒中で真理さんが『ママの子守歌』を歌う場面があります。
荒くれた男達の中で真理さんがギターを奏で歌います。
すると荒くれ者達が真理さんの歌に魅了されて、まるで子羊のように温和しく歌に聴き入ってしまい平和な空気が満ち溢れます。
というシーンです。

真理さんファンなら誰もがご存じの場面でしょうが、私が初めてYouTubeで観た時はとても衝撃でした。
聞いている自分がまるで子守歌を聴いている赤ん坊になった不思議な感じがします。そして心がとても暖かくなりました。
これは映画の1シーンですが、現実で同じ場面、否、もっと殺伐とした空気が流れるような場面だとしても、真理さんの子守歌が流れたならその場の誰もが真理さんの声に聞き入ってしまうでしょう。
恐らくこの世の男性で、この曲・声を聴いて無反応でいられる者はいないと思います。

真理さんより歌の上手な歌手は大勢いるでしょう。
その歌手が歌う子守歌はとても素晴らしいでしょうけれど、真理さんが歌うような暖かさや優しさは醸し出せないと思っています。
実際、これまで多くの歌手の声を聴いてきましたが真理さんほどの優しさ、暖かさを歌声から受け取った事はありません。
歌手は音感、リズム感、発声術等々多くの要素が必要でしょうけれど、声の質(声質)に勝るものはないと思います。

プレミアムボックスには真理さんが地声で歌う曲も収録されていますが、はっきり言って普通です。
それが、ファルセットと融合すると、とんでもなく素晴らしい声に変身します。
まさに「魔法のようなファルセット」なのです。
そしてそれに何人の人が魅了されてしまったと言うことです。

私は、真理さんの声を少しでも良い音で聴きたいがため、イヤホンを変えたり、ボリュームを調整したりと必死です。
できれば良いオーデオ機器が欲しいところですが、財源的に無理があるのでイヤホーンで聴いています・・・。

私は真理さんの曲を楽しむために聴いているというより、真理さんの声に癒やしを求めて聴いている、といった感じがぴったりです。
だから、私は真理さんの曲をほぼ毎日聴いていますが、飽きることはありません。
むしろもっと聞き続けていたいと思う日々です。
私は完全に「魔法のようなファルセットの魅力」に取り込まれてしまった様です。

実は真理さんは『白雪姫』ではなく『魔法を使う魔女』だったのかも知れません。

スポンサーサイト

沖縄にて

所用で沖縄(那覇)に行っていました。
今年の梅雨入りは遅いようで、多くの修学旅行生と外国人(中国)が街へ繰り出していました。

ご多分に漏れず当方も夜の繁華街に繰り出していました。
那覇の居酒屋さんのBGMは当然のごとく沖縄民謡(ライブも有り)なのですが、なぜか昭和時代の歌謡曲を流しているところが多かったです。
そういう処を選んで入店しますが,中々真理さんの曲はかかりません。
曲が流れるまでの間、雑談にも、お酒にも気はそぞろでひたすら待ち続けて(2時間ほど)ようやく『水色の恋』が1曲流れただけでした。
居酒屋の中を見渡しましたが流れくる真理さんの曲に真剣に耳を傾けていたのは自分だけだった様です。

日を改めて別の店にも顔を出しましたが、今度は泡盛に気を取られ聞き逃した様です。
都内の居酒屋で真理さんの曲が流れることは皆無に近い状況を考えるとBGMとして流れるだけ増しなのかも知れません。
テレビで『昭和の歌』と称した番組が放映されますが、それでも真理さんの曲は1曲流れればいい方ですからね。

当時はトップの座を走り続けた真理さんですが、いつしか芸能界の厳しさに打ち負かされてしまいました。
笑顔がステキでも、声が魅力的で歌がうまくても、生き続けられないのが芸能界です。
自称ファンでありながら、世の中の流れに従い真理さんの真のファンに成りきれなかったことも要員の一つでしょう。

今改めて「天地真理プレミアム・ボックス」を聞き直していますが、やはり当時から真理さんは笑顔がステキで、声が魅力的で、歌が上手かった。ということです。


※沖縄県立博物館に沖縄返還(1972)時代の展示物があります。
そこには「南沙織」さんのEPレコードが展示されていました。
当時、南沙織と天地真理どっちが好き?といったことが日常の話題なったのを覚えています。
(なぜか小柳るみ子は対象外だった)。
勿論、真理さんに軍配を上げる人が多数を占めていたのは言うまでもありません。
当時は真理さんとアイドルの座を競い合った仲だったのです。
ここは沖縄県ですので,県出身のアイドルが展示されるのは当然ですが、真理さんのレコードも展示して欲しかったです。

天地真理プレミアムボックス

やっと、プレミアムボックス全曲を聴き終わりました。

ここまで時間を要したのは、次のDiscに移りたい気持より、今流れている曲にずっと浸っていたいとの気持ちの方が勝ってしまい、つい何度も何度もリピートさせられてしまったからです。

とりあえず軽く流して全曲試聴する予定だったのですが、不覚にも真理さんの歌声に魅了され、1曲1曲に没頭させらてしまいました。

誰でもそうなるとまでは言いませんが、つい聞き込まされてしまう魅力は真理さんならでのものでしょうね。

初期のアルバムは懐かしさのあまり、後期のアルバムは完成度の高さに、ミュージカルやライブ盤は真理さんの新たな魅力の発見にと、ただただ魅了させられてしまいました。

個別の話になりますが、
Disc9前半収録されている「アルバム:小さな人生」を最初に聞いた時はちょっとびっくりさせられました。
しゃがれた声の曲が多く、これまでの明るいイメージの曲とは大きく違うのです。
しかも声が、か細く、暖かさややさしさに欠け、決して良いイメージを持ちませんでした。
さらに全体的に心許なく聞こえていたので、いつもよりボリュームを上げて聞いてみました。

すると同でしょう。打って変わってて真理さんの声がスッキリ聞こえるではありませんか。
これはCDや録音が悪いのではなく、ましてや真理さんの声が悪かった訳ではなっかたのです。

そうです。老人には高音域が聞きづらいのです。(自分は10,000Kh以上は聞きづらい)
ボリュームを上げることにより、聞き難くかった高音域が聞こえるようになり、そしてそれに伴って中低音も豊かに聞こえる様になっり、真理さんの暖かさや優しい声が戻ってきたのです。
真理さんのやさしくて暖かい声の質はこの高音部に秘密があるのかも知れません。
ボリュームのちょっとした違いにより、曲の印象が大きく変わってしまったのです。

なんでも人間の耳は、単音の20,000kh以上の音を聞き取ることはできないらしいですが、楽器や声に倍音として超高音域が含まれる音と、含まれない音は老人でも明確に区分できるそうです。
しかも、超高音域が含まれている音は音色として絶品だとのことです。
そういえばハイゾレが100,000kh以上の音を再生するため音が良い、と聞いた話も頷けます。

一度、ボリュームを上げて感動させられた曲は、脳が覚えてしまったようで、ボリュームを下げてもそれほど気にならなくなります。
初めて聞いた曲なのに、頭にこびり付いてしまう事がありますが、これと同じなのかも知れません。

てな訳で、アルバム「小さな人生」は一番の「お気に入り」になりました。
解説書を読んでみたら、復帰に賭けて周りの人々が丹精込めて造られた作品だと知って更に好きになりました。

ボリュームを大きくすることは、このように良いこともあるのですが、同時に盛上時に音量が大きくなり音を潰してしまいます。
特にイヤホンは高級品と言え所詮イヤホン、使用できる音量の幅に限度を感じます。

だから今度はヘッドホンが欲しくなりました。
また小遣いを貯めなければいけません。

天地真理 プレミアム・ボックスを買ったよ

やっと小遣いが貯まり念願のプレミアム・ボックス買うことができました。
リアルCDショップを何軒か探しましたが、残念なことに何処のCDショップにも真理さんのCDは全く置いていませんでした。
デビューから45年、プレミアボックス発売から10年を経過していますからね。

さっそくネット検索!!
おォ~、あるではないか。
早速、ポチッと購入申し込み。
ところが中々品は届かず,丸5日もかかってしまいました。
やはり在庫は少ないようです。

さて、無事に到着(金曜日)したプレミアボックスを早速開封。
ムウ、どれから聞いていいのか迷ってしまう。
迷いに迷い、結局、シングルA面が収まっているDisc2から視聴。

これはシングルA面を発売順に納めたもので、真理さんの曲歴を語る上での指標となるでしょう。
私の場合でいいますと、オリコン上位曲は覚えていますが、『愛のアルバム』以降は殆ど記憶がありません。
このあたりから,私は真理さんファンから遠ざかっていたようですね。

ほかに数枚聞きましたが、全てを聞き取るにはまだまだ時間がかかりそうです。

当時は財源の問題で全てのLPを買えなかったこともありますが、こんなに沢山の曲をリリースしていたことに改めて驚いています。
B面の曲はほとんど聴いたことのないものばかりでした。
真理さんの初期の頃は初恋もの、中期は失恋もの、後期はじっくり歌う大人の歌。うまく期分けされています。

後期大人の歌は真理さんの歌のすばらしさを十分過ぎるほど表現しているのですが、アイドル路線の継続を希望していたファンにはそぐわなかったかもしれません。
大人の歌は、真理さんが本当に歌いたかった曲だったのかどうかは判りませんが,自分にとっては大人路線への変更は良かったと思います。
大人の歌が好きなのは自分が年寄りになった証かもしれません。
でも、『愛のアルバム』『初めての涙』『ニコラ』なんて最高だと思っています。

追伸:
携帯プレーヤにCDを移植(MP3)しようとしたのですが、プレーヤに表示される曲名と流れる曲がマッチしていないのですね。
早速MP3リストの曲名を修正しつつあります。

本当であれば文句の一言でも言いたいところですが、真理さんの曲題名を一局、一局書き込むことも結構楽しいことでした。
こんな楽しみをおまけに付けてくれていたことを喜んでいます。


イヤホンを変えて見た

「高音域、特に女性ボーカルがすっきり聞こえる」とのキャッチコピーに誘われて早速買ってしまいました。
イヤホンといっても侮ってはいけません。なにせ10万円以上する代物もあるとのこと。
自分が買ったのはSONYの1万円(ネットで約6千円)ほどのものです。

早速視聴してみました。
聞き比べの曲は『初めての涙』です。
あの囁くような歌声がどのように変化するか試してみました。

この曲は1975年発表ですから、真理さんの円熟期の作品です。
その頃は、レコードが買えない(金銭的に)時期でして、真理さんファンから遠ざかっていた時期でしたので、円熟期の曲はすべて聴いていないことになります。残念なことですが。


さて曲ですが、

♪~毎日 あなたのこと好きだと
この目 この手で伝えてる~♪

と、やや低いトーンで始まるのですが、.この冒頭の、囁くような歌声が大好きな部分です。


早速「新イヤホン」で聴いて見ました。

聞いた感じは、今まで使っていたイヤホン(パナソニック:2千円位)とは確かに違うのですが、残念ながら「耳(目)から鱗」とまでは感じとれませんでした。

確かに、これまでよりスッキリ、クリアに聞こえるのですが,どこがどう違うのかまでは良く判ら無いというのが正直なところです。


そこで新旧イヤホンを交互に聞き比べて見ました。
(イヤホンジャックの入れ替え、イヤホンの耳からの装脱着等々、結構面倒でしたが。)

何回か交互に聞いていると、微妙なる違いが判ってきました。

♪~毎日 あなたのこと好きだと
この目 この手で伝えてる~♪

の部分でいいますと、新しいイヤホンはやや低いトーンの中にも綺麗な高音が含まれていることがはっきり感じられます。
倍音というのでしょうか、低い音の中にも綺麗に混じる高音があり、これが低音を豊かな音にしているようです。
このため、冒頭の歌い出しがとてもまろやかに聞こえます。これまで感じ取れなかった部分です。

やはり高級機だけはありました。

試しに古いイヤホンでこの部分を精聴してみたところ、ボリュームを上げると確かに高音部が含まれているのが判るのですが、適度なボリュームでは聞こえ難いですね。

ほかの曲も、声の豊かさに注目して聴いて見ると、殆どの曲で真理さんの声が豊かになったと感じました。
ただ、録音状況にも影響されるようで、効果を感じられ無いものもありました。(YOUTUBEの一部)

新しいイヤホンでもボリューム調整は必須で、ボリュームをアップすればする程、音を豊かに繊細に聞き取れるようになるのですが、次第に楽器の音などの騒がしさが目立ってきます。

真理さんの歌声をいかに魅力的に聞き込むかが課題の自分は、ボリュームの一目盛りに命を賭けて聞いています。

ちょっと、大袈裟だったかな。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。